目的別保険相談 - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 目的別保険相談 > 自動車を運転中、前の車に追突、事故現場でどのような対応をすればいいでしょうか。

目的別保険相談

自動車を運転中、前の車に追突、事故現場でどのような対応をすればいいでしょうか。

2014年06月17日

【ご相談事例】

自動車を運転中、前の車に追突してしまいました。事故現場でどのような対応をすればいいでしょうか。

【ご回答】

1.けが人の救護

自動車事故で真っ先にしなくてはならないのが、けが人の救護です。
自分で近くの病院に運ぶこともありますが、けがの状況がひどい場合には、救急車を呼ぶなどの対応をとります。

けが人の救護が終わったら、事故車を安全な場所へ移動します。
交通渋滞や二重事故が発生しないよう、配慮しましょう。

2.警察への通報

警察への通報も忘れてはなりません。
保険の請求には「交通事故証明書」が必要です。

「交通事故証明書」は警察に通報しないと発行されませんので、たとえ軽微な事故であっても、必ず警察に事故届けをしましょう。

警察に通報すると現場検証があります。
現場検証ではあいまいな言い方は避け、事実をはっきり説明しましょう。

特に、事故の状況は賠償額を決定するうえで重要な決め手になります。
お互いのスピードや停車位置、衝突場所、信号の状況などをはっきりと正確に伝えましょう。
また、目撃者がいたら、氏名や住所、連絡先などを聞いておくことも必要です。

ここまでは、事故現場の対応です。

3.相手方の氏名、住所、連絡先などを確認

あとは、相手方の氏名、住所、連絡先などを確認しておきます。

また、相手車両の登録番号、相手が加入している保険会社、証券番号なども聞いておくと、保険の請求がスムーズに進みます。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

自動車保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。