目的別保険相談 - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 目的別保険相談 > 【動画】自動車事故を起こしてしまったとき、現場でどのように対応すればいいですか?

目的別保険相談

【動画】自動車事故を起こしてしまったとき、現場でどのように対応すればいいですか?

2014年08月05日

【Q.ご相談事例】

自動車事故を起こしてしまったとき、現場でどのように対応すればいいですか?

【A.ご回答】

自動車事故の際の、現場での対応5つのポイントを動画にまとめました。ご覧ください。

自動車事故を起こしてしまったとき、現場で行うべき5つの対応

人は一生のうち、二人に一人は、自動車事故に関わるといわれており、自動車保険は非常に広く普及しています。

しかし、実際に事故が起こってしまったら…。

何をどういう順番で行えばいいかご存知でしょうか?

ここでは、自動車事故を起こしてしまった際、現場でどのような対応を行う必要があるのかをお伝えします。

1.二次災害の防止

事故現場は自転車、バイク、破片などが散乱しているケースがあり、二次災害の危険性があります。

・けが人を路肩など安全な場所に移動させる

・事故を起こした車を道路の端に避ける

など、まずは、二次災害の防止に努めてください。

2.けが人の救護

けがをされた方がいらっしゃる場合は、救護をお願いします。

躊躇せずに救急車を呼んでいただき、必要に応じて、応急処置もお願いします。

3.警察への連絡

警察への連絡は、事故があったことの証明になります。

また、道路交通法上も、ドライバーに課せられた義務となっています。

4.相手との連絡先交換

警察が到着するまでの間に、相手のお名前や、日中に連絡が取れやすい電話番号など連絡先の交換をしてください。

5.保険会社、代理店への連絡

警察のお届け終了後、ご契約されている自動車保険の保険会社、もしくは保険代理店への連絡をお願いいたします。

保険会社や代理店への連絡が遅れると相手への一報が遅くなり、示談・交渉がうまくいかなくなるケースもあります。

6.その場で決して示談はしない

事故現場で具体的な金銭の話など、示談交渉は行わないでください。

「交渉に関しては、保険会社に任せていますので…」など具体的なお話を避けるようにお願いいたします。

いかがでしたか?

こういった知識は役に立たないのが最も喜ばしいことですが、万一の備えとして覚えていただければと思います。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

自動車保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。