企業保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 目的別保険相談 > メガネ店を経営していますが、どんな保険に加入すればよいですか?

企業保険の新規加入

メガネ店を経営していますが、どんな保険に加入すればよいですか?

2012年07月11日

【Q.ご相談事例】

メガネ店を経営していますが、どんな保険に加入すればよいですか?

【A.ご回答】

1.什器備品・商品の火災などのリスクに備える保険が必要です。
気をつけなければいけないのは、火災保険には「盗難」なども保障の対象としているものが多いのですが、商品の盗難は保障対象外となっているケースもあるので要確認です。
また、貴金属として扱われるようなフレームに関しては、別段の限度額が定められていることもあるのでご注意ください。

2.来店されたお客様がけがをされた場合の保険が必要です。
床が滑りやすく、お客様が転んでけがをされたりした場合、時として賠償請求を受けることがあります。こういったものに備える保険として、施設管理者賠償責任保険や店舗賠償責任保険などがあります。これらの保険は、従業員様が業務で自転車に乗っていて、他人にけがをさせた場合などに使えるものもあり、意外と保障の範囲の広い保険です。

3.火災などで休業した場合の粗利益を保障する保険が必要です。
ひとたび火災が起こると、お店の営業の存続は難しくなります。その間の粗利益を保障する保険が必要です。

4.PLリスクに備える保険が必要です。販売してお客様の手に渡った商品の欠陥が原因で、お客様にけがをさせたりした場合の生産物賠償責任保険(PL保険)が必要です。

5.労災に備える保険など

こうして列挙すると、さまざまなリスクが考えられますが、これらから優先順位を決めて保障を検討していかれるのがよいでしょう。
この中のいくつかの保障をパッケージ化した保険などもありますので、お店の状況に合わせてご選択されるのがよいかと思います。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

企業保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。