火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 目的別保険相談 > 空き家で使っていない住宅がありますが、火災保険はかけたほうがいいですか?

火災保険の新規加入

空き家で使っていない住宅がありますが、火災保険はかけたほうがいいですか?

2012年08月05日

【Q.ご相談事例】

空き家で使っていない住宅がありますが、火災保険はかけたほうがいいですか?

【A.ご回答】

考え方のポイントをあげてみますと
●その空き家を失ってもよいか否か
●空き家が火災で使えなくなった場合、どう対応するか

というところを中心に検討されるとよいでしょう。

空家にかける火災保険とは

まず、その空家を失っても、特にご自身に何の影響もない場合、火災保険をかけない、という選択肢も浮上してきます。
たとえば、賃貸に出すつもりもなく、建物自体に資産価値もない場合です。

しかし、それだけで保険をかけるかけないかの判断をしてしまうのは少し早計かもしれません。
といいますのも、火災で仮に全焼したとしても残存物の処分であったり、一部が焼けた場合であればこれらを取り壊したりしなければ危険なので、そういった要請が周囲から出ることが考えられます。

となると、火災で資産がゼロになるというより、マイナスを生んでしまうこととなります。

そう考えると、わずかな破損までもてる保険にする必要はありませんが、火災や水災といった建物に大きな影響を及ぼす災害には対応できる程度の保険があったほうが安心です。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。