火災保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険の水災補償について教えてください。

火災保険の加入中

火災保険の水災補償について教えてください。

2012年08月17日

【Q.ご相談事例】

火災保険の水災補償について教えてください。

【A.ご回答】

火災保険の水災補償の対象となるのは一般的に
●集中豪雨や台風などによる、洪水
●高潮
●土砂崩れ

といったものがあります。

地盤沈下や、漏水とは異なりますので注意が必要です。

古くからある住宅総合保険などにおいては、以下のような支払い方法となります。

【建物・家財道具】

●15%未満の損害で床上浸水     →  保険金額×5%(1構内100万円が限度)
●15%以上30%未満の損害で床上浸水 →  保険金額×10%(1構内300万円が限度)
●30%以上の損害          →  保険金額×70%

【什器備品・商品など】
●床上浸水または45cmを超える浸水による損害 → 保険金額×5%(1構内100万円が限度)

上記のとおり、古くからある火災保険では、修理・復旧に必要な額が保険金として支払われるわけではなく、
あくまで見舞金という感覚でとらえるのが良いでしょう。
また、水災の場合、難しいのは損害額がどのくらいか?という部分にもあります。
例えば、床を雑巾で拭けば、特に大工修理などが不要な場合、これは損害とは認められないことが多いようです。
具体的に、汚れや床のカーペットや床材の取替えが必要となった際の費用などがベースとなります。
ここは、被害を受けた方と保険会社の見解とでギャップができやすいところなので、あらかじめ知っておいたほうが良いポイントだと思います。

近年は、住宅総合保険という名を冠していても、これらの内容が改善されたものも含めて、充実した水災補償を選ぶことのできる火災保険が増えてきています。
地域によっては、一度検討してみることをお勧めします。

【参考記事】
台風に備える火災保険 -台風被害から財産を守る6つの知識-
近畿地方で、大規模な水害がありましたが、火災保険の水災補償を検討するための情報はどこにありますか?

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。