がん保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 目的別保険相談 > 何社もの資料請求をしましたが、結局自分にぴったりの医療保険がどれかわかりません

がん保険の新規加入

何社もの資料請求をしましたが、結局自分にぴったりの医療保険がどれかわかりません

2011年12月25日

【Q.ご相談事例】

何社もの資料請求をしましたが、結局自分にぴったりの医療保険がどれかわかりません

【A.ご回答】

最近多いご相談の一つに、複数社一括見積もりでたくさんの保険商品の資料をもらったけど、どれが一番いいのかわからない、というものです。

保険のパンフレットには、各社の自慢ポイントは掲載されていますが、他社と比べてどうか?現実の支払い実績と比べてどうか?という解説はあまり目にしません。

実際には、医療保険一つとってもそれぞれのお客様の考え方や、資産状況が影響してきますので一概には言えないという部分も、的確なアドバイスが受け取れない理由の一つかもしれません。

ここで、私の目から見たポイントをいくつかご紹介します。

1.果たして医療保険は必要なのか?
ある程度、資産を持っておられる方の場合、敢えて医療保険という選択が必要のない方もいらっしゃるかも知れません。多くの医療保険は、最近は一入院60日、通算で730日という限度が設定されているものが主流です。
入院給付を10,000円とした場合、最大でも730万円が限度ですし、実際にその額を受け取るには、60日の入院を約13回。10日程度の入院であれば73回も繰り返さなければ限度には達しません。
自営業者の収入保障的意味合いである場合などもあるでしょうが、県民(府民)共済等を上手く活用するのも一考です。(一定年齢以降は、病気に関する保障は低くなりますので、その時点までに貯蓄などを行うといった複合的な対策が必要です。)

2.手術給付は?
近年、入院は短期化の傾向があります。すると、入院1日いくら、という医療保険の保障を受け取る事ができる額は限定的になってきます。一方医療費の方は、短い期間でも手術などがあった場合は、その費用が加算されて実質支払額が高額となるケースもあります。こういった事に備える手術給付は近年”割り切り”の内容になりつつあります。手術についての補償を中心に比較してみると見えるものがあるかもしれません。
保険としては、対象となる手術の範囲が広い保険会社や、手術によっては保険金が大きい保険会社など、各社特徴を持っています。

3.精神疾患の入院は長期化しがち
前の項で入院は短期化しているという話をしましたが、一方で精神疾患に関わる入院は非常に長い事が多いようです。精神疾患は、ご自身の性格ともかかわる部分もあろうかと思いますので、そういった心配がある場合は長期入院にも備えられるものがよいかもしれません。

4.医療費の多い病気は何かを考える

厚生省などの統計によると、循環器系や新生物、つまりいわゆる三大疾病と呼ばれる病気での医療費が高くなりがちのようです。

5.がんを中心に考えるか否か?
4.でご案内した通り、現代の医療におけるがんに関するインパクトは少なからずあるようです。日本では、特定の病名に特化した保険であるがん保険があるくらいですから、高額医療費が必要な代表選手と言えるでしょう。最近は、がん以外ではあまり医療費はかからない、と一般の医療保険を契約せず、がん保険のみとされる方も少なからずいらっしゃるようです。
確率から言えば、がんという病気にかかる率は少なくありませんが、私個人的にはやはり、広く対応できる医療保険にがん保障を強化するという形がよいかと思っています。がん以外にも様々な難病がある、というのがその理由です。

5.高度先進医療特約
今ちょっとしたブームになっていますが、現実に高度先進医療に当たる治療を受けている人はほんの一握りです。そんな事もあって、各社高度先進医療特約の保険料は月々100円前後となっています。今後、どのような動きがあるかわかりませんが(今、先進医療でも、数年先には一般診療の対象になったり、新たな医療の発展で先進医療が増える可能性も)、10年更新の保険会社と、終身契約の保険会社があります。
現時点では、あくまでオプション扱いの保障ですが10年更新は10年後保険料が上がる(下がる)可能性があるのに対し、終身契約は保険料は一定です。
予測不可能部分ですので何とも言えませんが、迷ったら、最後の選択肢としてそこを比較されるのもよいかもしれません。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

がん保険の相談事例

医療保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。