空家にかける火災保険 – 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 空家にかける火災保険

空家にかける火災保険

空家の保険でお困りではありませんか?
空家の保険に関する情報は、ここでご確認ください。

突然、空き家となった実家を管理することに…。

私共のもとには、空き家に関する様々なお問い合わせをいただきます。
そのパターンは、大別すると以下の通りになります。

  • 1. ご両親が亡くなり、相続手続き完了までの期間、空き家となった実家を管理する事となった。
  • 2. ご両親が亡くなり、相続で空き家となった実家を引き継いだが、このうちをどうするか方針が決まっていない。
  • 3. 親が介護施設に入る事となり、一時的に空き家となった実家を管理する事になった。

このほかにも、別荘であったり、収益物件であったり、というケースもあります。
しかし、お問い合わせをいただくほとんどの場合は、上記1.~3. のケースです。

そして、もともとご両親が契約されておられた、共済や保険会社に保険の更新の際に、「現在空き家になっている」旨を申告すると、「空き家の場合、保険はお引き受けできません」といわれて困っている、という状況ではないでしょうか。

空き家保険のポイント

空き家

空き家の保険を引き受ける保険会社はありますか?

現時点(2014年9月)において、空き家の火災保険を引き受ける保険会社は、限定的ではありますが、存在します。

逆に、なぜ共済や保険会社が空き家の共済や保険の引受を積極的に行わないかというと、このような理由が考えられます。

  • ●共済の場合、共済関係者が居住している住まいであることを要件としています。
    つまり、一般の保険との線引きで、共済関係者が自分自身の生活に関連する部分のみが対象となるという性質を持っているようです。
  • ●保険においては、居住者がいないことにより、一定レベルの管理ができない事が理由と考えられます。

空き家

ここで、空き家引き受けが可能な保険会社のリストを提示できればよいのですが、残念ながらすべての保険会社を調査したわけではありません。

また、特定の保険会社を推す形になるのは、このホームページの趣旨にそぐわないため、それはできませんが、お問い合わせをいただけましたら、個別でご相談を賜ることは可能です。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

【参考記事】
空き家の火災保険を引き受けてくれる保険会社はありますか?
火災保険をかけるには、居住していないといけませんか?

空き家に火災保険は必要なのでしょうか?

ここで、ご検討いただきたいのが、果たして「空き家に保険は必要か?」という事です。

例えば、火災保険であれば、焼失した空き家を「復旧」させるための保険です。

本来、いつかは売却しよう、としている空き家が火事で焼失したとしても、経済的損害は出ないのではないだろうか?
というお考えも出てくるのではないかと思います。

そもそも、建物がなくなってしまった方がよい、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

一方、気になるのが、火事で焼けてしまった場合その残存物をどうするのか。

今は、こういった廃材を捨てるにも相応の費用が掛かります。
また、全焼した場合のみならず、台風により屋根が飛んでしまった、
今にも倒れそうな状態で、建物が残ってしまう、という事も想定せざるを得ません。

残存物

近年、空き家が社会問題化している中では、近隣の方々からのクレームなどが寄せられる、といった事態が容易に想像できます。

自分はよくても、周囲はそれを許さない状況がありえる、という事です。

こういった際に、
・相応の費用を自己負担して直すのか
・保険を活用して直すのか
という所は、検討いただきたいところです。

空き家の鉢植え

また、空き家にかかわる保険は、一つではありません。
その管理者として、負う責任もまた、保険として検討したいものの一つです。

具体的に言いますと、

  • ●建物の老朽化が進み、剥がれ落ちた壁が隣家の自動車に落ちて、損害賠償を請求された。
  • ●屋根瓦がずり落ちて、道路に落ちた。その際、道路を走る自転車が転倒、けがをさせてしまった。
  • ●立てつけが悪くなった窓が落ちて、歩行者にけがをさせた。

といった事故が実際に起こっています。

この場合に必要なのは、「火災保険」という自分の財物を守る保険ではありません。
「施設賠償責任保険」と呼ばれる、保険です。

この、施設賠償責任保険とは、簡単に言うと、施設の管理の不手際により、第三者にけがをさせたり、第三者のものを壊して、法律上の賠償責任を負う場合の補償となります。

こういった要素を考えた時、「保険を検討するか」「有事の際には自己負担をするか」という選択を迫られます。

このバランスを加味したときに、多くの方は、突然大きな支出を迫られるのは、キツイという理由で保険を選択される方が多いようです。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

【参考記事】
空き家で使っていない住宅がありますが、火災保険はかけたほうがいいですか?

空き家の火災保険って、どのようなものですか?

ここまでみて、どうやら一般の住まいと、空き家では、保険の扱いが違うらしい、というイメージはつかんでいただけているかと思います。

そうすると、空き家専用の保険があるのだろうか?
というイメージをいだかれる方もいらっしゃるようです。

結論から申し上げますと、
空き家であっても、補償の内容は一般の住まいの火災保険と同じ、もしくは近いものという理解で問題がないかと思います。

空き家の状態によって、保険の種類が変わる事はありますが、それは補償内容の大きな違いというよりも、住居用の保険を使うか、ビジネス用途の建物の保険を使うか、という違いです。

内容に関しては、大きな差はありません。
保険料(→保険を契約する際に必要な料金)は、双方で違いはありますが、そこは個別のお見積もりで確認する必要があるでしょう。

補償の内容についても、いくつかの選択肢があります。

  • ●シンプルに、火災や風災のみを補償するタイプの火災保険
  • ●水災や、車の飛び込みなどによる事故も補償するタイプの火災保険

など、保険会社によってはいくつかのバリエーションがあります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

【参考記事】
空家の火災保険を検討していますが、空家にも種類があると聞きましたが?

いったい、空き家の保険料(掛金)ってどれぐらいするの?

具体的に、保険を検討するのか?どのような補償内容にするのか?
といったところを検討するに際して、どの程度の保険料が必要なのでしょうか。

実は、これは各建物によって相当ばらつきがあるのが現実です。

とはいえ、まったく何の資料もなければ、検討は難しいと思われます。
そこで、比較的多いお問い合わせの事例をもとに、一例をご覧いただきたいと思います。

補償の概略 プラン1 プラン2 プラン3
火災、落雷、破裂・爆発
風災、ひょう災、雪災
水災 ×
盗難・水濡れなど ×
破損等
(5千円まで自己負担)
× ×
保険料(1年間) 約43,000円 約41,000円 約27,000円

【前提条件】所在地:大阪府/ 延床面積:100㎡(約30坪)/ 建物構造:木造(2階建て)/ 保険上の評価額:2,000万円/ 地震保険:なし/ 建物管理賠償:1事故1億円限度

※上記保険料は、ある保険会社の2014年9月時点の内容をもとにした概算値です。
今後変更などもございますので、あくまでご参考程度にとどめてください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

まとめ

  • ●空き家の保険を引き受ける保険会社は、存在します。
  • ●空き家であっても、保険が必要な理由は存在します。
  • ●空き家の火災保険は、一般的な住まい向けの火災保険と、補償内容はほぼ同じものを選択できます。

以上、ご参考となれば幸いです。

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。