【コラム】生命保険は掛け捨て型がいい?それとも積立型がいい?(1) - 保険とリスクチャンネル - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 保険相談スタッフの雑学情報局 > 【コラム】生命保険は掛け捨て型がいい?それとも積立型がいい?(1)

保険とリスクチャンネル

【コラム】生命保険は掛け捨て型がいい?それとも積立型がいい?(1)

2012年04月24日

【コラム】生命保険は掛け捨て型がいい?それとも積立型がいい?
 (1) 保障と貯蓄は切り離して考えるべき?
 (2) 積立型保険のメリットとデメリットは
 (3) どうして積み立てが必要なのか
 (4) 実例で比較、掛捨てと積立どっちが得か

生命保険の検討にあたって、よくある悩みが、
「生命保険は掛捨て型がいいのか?積立型がいいのか?」
という問題です。

生命保険は掛け捨てが有利?

近年のFP(ファイナンシャルプランナー)の論調は、どちらかと言えば掛捨て優勢。

その理由は、
●保険は、金利変動に対応しにくいので、今の低金利下では将来、金利上昇局面が出てきた場合に対応が難しい。
●保険は、保障がその主役であるため、何らかのお金が必要となった時に解約すれば、保障までなくなる。
●掛捨て保険は、積立保険に比べれば保険料が安い。余ったお金を投資に回せばよい。

と言ったところでしょうか。

確かに、これらの話は正しいと思います。

ただ、ちょっと待ってください。
実際の生活をイメージしながら、考えてみてください。

掛捨て保険で浮いたお金の運用をどうするか

money.jpgそもそも、30歳代、40歳代といったこれから子供を生み、育てる世代というのは、とても出費の多い世代でもあります。

そんな折、とにかく心配だった保障(生命保険)が月々1万円で確保できたとします。
これまで、積立型保険を織り交ぜて2万5千円払っていたので、月1万5千円が浮いたとしましょう。

FP的感覚であれば、この15,000円を相応のパフォーマンスが出るように運用しなければなりません。

日々デイトレードにいそしむとか、FXで稼ぐとかというのは、あまり現実的ではありませんよね。
こういったハイリスク・ハイリターン商品は、余剰資金でトライするべきものだと思います。

金、外貨預金、その他様々な手段はありますが、どれもリスクが伴います。

運用に際しては、ある程度のリスクは覚悟する必要はもちろんあるわけですが、どうしても必要となるお金の運用に関してはある程度安心度の高いところがよい、というのもまたFPの常識です。

また、物価が下がっている状況では、無理な運用をしなくても、相対的なお金の価値は上がります。

なにしろ、100円出さなければ買えなかったものが、90円で買えるのが物価が下がるということ。

それまでの100円以上の価値が、物価が下がった時にはあるわけです。

そうすると、お金を増やすことも大事ですが、減らさない事もまた重要な考え方です。
(今後、物価下落が続くという事もないとは思いますが…)

資産の運用・投資は、ハードルが高い

話を元に戻しましょう。
結局、浮いた15,000円がどこに行くのか。
私の家庭では、外食が増えるとか、我慢してた新しい時計を買うとか、子供の習い事とか、
結局そんなところに消えてしまうんだと思います(苦笑)

せいぜい、強制的に銀行で積立預金するとか言う程度でしょうか。
その金利は、0.0××%の世界。(2012年4月現在)
増やすというレベルではありません。

確かに、投資信託など、長期的に見ればある程度限定的なリスクでの商品もありますが、やはりリスクの低い投資信託は、リターンも少ない。
結局、机上の空論・・・となってしまう可能性があるのではないかな、と私は考えています。

では、その筋の専門家にアドバイスを・・・といっても、そのための費用が別建てで必要になりますから、月数万円の積立額で考えるのは、はなかなか現実的ではありません。

そう考えていくと、
「今は、生活+保障で精いっぱいで、将来の事を考える余裕はない」
「自分は、金融知識に長けてるし、常に相場をチェックしながら運用できる」
「実は、収入にゆとりがあるし、将来への備えもできる余裕がある。」

そんな方には、保障は掛捨て、貯蓄はその他、という整理でOKだと思います。

では、ここに該当しない方々はどうすればいいのでしょうか。
その部分については、次回に。

【コラム】生命保険は掛け捨て型がいい?それとも積立型がいい?(2)

関連記事:生命保険で退職金積み立てができる?

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。