【コラム】失敗しない医療保険選び7つのポイント(3/7) - 保険とリスクチャンネル - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 保険相談スタッフの雑学情報局 > 【コラム】失敗しない医療保険選び7つのポイント(3/7)

保険とリスクチャンネル

【コラム】失敗しない医療保険選び7つのポイント(3/7)

2012年08月18日

世の中の常識は、保険の世界にも当てはまるとは限りません!

期待と、結果のギャップ。
保険に関しては、これが大きいから保険に対する不安、不信が芽生えることが多いのではないでしょうか。

では、そのギャップがどうやって起こるのかを考えてみたいと思います。


【1】パンフレットの情報は、売るための情報です。

これはどの業界でも変わりませんが、パンフレットというのはあくまで、
自社の商品を売り込むための販売促進ツール
です。

つまり、いいところ、お客様の心を引きやすい部分、他社より優れている部分を取り立てて強調します。
時には、他社に劣っている部分は、目立たないようにしています。
少し投げやりな表現になりますが、
契約したお客様が、満足を感じていただけるために作られた書類ではない
ということを肝に銘じてください。

もし、手元に保険のパンフレットがあれば見てみてください。
例えば手術給付。
一回の手術に付き、○万円
という表記はあるでしょうが、どんな手術が対象でどんな手術は対象外か、
おそらく詳しくは書かれていないか、かかれていたとしても小さな文字、もしくは欄外だったり
します。

一般の方が見ると、手術と名が付けば、どんなものでも対象になるんだろう、と
善意に解釈されることが多いようですが、実際にはそういうわけでもありません。

また、営業の人は、
●こんなときにも保険が出ます。
●こんなときには、こんなに高額な保障です。
等と、自身の商品をアピールしますが、
●こんなときは保険の対象外です
ときちんと説明ししてくれる方は少数派でしょう。

(逆に、保険が出ないケースをきちんと説明してくれる営業担当者は、信用するに足る
人だと考えられます。

これが、自動車だったり、家電品だったりすると、過去の購入経験や、利用するイメージから
●こんなことはできないの?
●こんな機能はないの?
●こんなときはどうすればいいの?
という質問を、お客様の側から投げかけられますから、事前に不安が解消されることが多いのですが、
保険の場合、現在健康であるお客様がどのようなときにその保険を使うか?というイメージが
持ちにくいので、そういった疑問を解決するステップを経ることなく加入の検討をしてしまう
ことになってしまうのです。

→次へ

【コラム】失敗しない医療保険選び7つのポイント

(1)失敗しない医療保険選び「はじめに」
(2)必要なときに保障がない?!
(3)保険のパンフレットは売り込みツール?
(4)医療保険・一般的な認識とのギャップ
(5)万人におすすめの医療保険はない
(6)失敗しない医療保険選びのポイント【1~6】
(7)失敗しない医療保険選び 最後のポイント

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。