【コラム】失敗しない医療保険選び7つのポイント(4/7) - 保険とリスクチャンネル - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 保険相談スタッフの雑学情報局 > 【コラム】失敗しない医療保険選び7つのポイント(4/7)

保険とリスクチャンネル

【コラム】失敗しない医療保険選び7つのポイント(4/7)

2012年08月19日


【2】最新の保険が最高であるとは限りません!

多くの家電製品などの工業製品ですと、新しいものほどより使いやすく、
という工夫がされますし、大量生産することで安くもなります。

しかし、保険の場合は、確かに、最新の医療制度に合わせた改善は行われるものの、
最新のものが最高のものとはいえない実情があります。

なぜなら、実際にお客様が「使える」と評価いただけるものに関しては、
それだけ、保険金・給付金を支払う頻度や額が増えます。
「良い」という評価いただけるものほど、次の改定では
●販売停止や限度額が設定される
●逆に保険料(掛金)が高くなる

可能性が非常に高くなるのです。

わかりやすい例を挙げてみましょう。
レーシックといわれる視力回復手術が最近では大きなトピックの一つ。
古い医療保険の手術給付では、多くの場合、レーシックは手術給付の対象でした。
当時、レーシックはあまり一般的ではなかったのです。

しかし、レーシックは相応の手術料が必要になるものの、入院保障の手術給付が対象となる
とひとたび知れ渡ると、入院特約や医療保険でできてしまう、と一気に広がっていきました。
保険商品を開発した際には、そのような動きは想定外だったので保険会社は一斉に保険の改定
を行い、レーシックを手術給付の対象外にしてしまいました。

このように保険という商品は、他の商品やサービスとは違い、
多くの方が買い求め(契約し)、お役に立てば立つほどその商品を維持しにくいものなのです。
最新の医療保険は、確かに、その時点での医療事情を反映して、よくなっている部分もたくさんあります。
しかし、すべてにおいて新しいものが良いとはいえないことがしばしばあるものなのです。


【3】沢山の選択肢の中から選ぶことが良い保険選び?

数十社の保険の取り扱いがあることを謳う保険代理店が最近増えてきました。
確かに、沢山の選択肢の中から商品を自由に選べるとなると、良い保険選びができそうです。
しかし、考えてみてください。
もともと、よくわからない・・・というお声の多いのが保険商品です。
何十種類もあったところで、どのように選択するのでしょうか?

実務上、数十社の取り扱いのある保険代理店においても、お客様に提示するプランは一般的には
3つ~5つ程度ではないかと思います。

その3つの候補は、保険プランナーが吟味した商品であるかもしれませんし、
単に保険料が安い順かもしれません。
もしかしたら、人気商品なのかもしれません。

保険プランナーがあなたのために吟味した候補であれば信頼できる保険プランナーであれば問題はないのですが、
単純に保険料比較である場合、微妙な違いがあったとしても厳密な比較はできず、
薄い内容の保険であるリスクも否めません。
人気商品である、ということについても、ご自身で調べつくして「この保険会社のこの保険に入りたい!」
という方はおそらく少数派ではないかと想像します。

多くの場合、プロモーションの上手い保険会社の商品が、人気商品となりえているという
状況も否定はできないのではないでしょうか。

もちろん、選択肢は多いに越したことはありません。
しかし、多ければ多いほど良い、と言い切るのもまた難しいような気がします。


【4】雑誌の保険特集や本は、必ず正しいとは限らない!?

最近は、保険に関する特集記事などもよく見かけます。
読んでみると、私たちでも「なるほど」と感心させられる内容も多くあります。

しかし、ちょっと待ってください。
その雑誌には、保険会社の広告が出ていたりしませんか?
また、プロが選ぶ保険ランキング等という特集、上位に広告出稿保険会社が出てたりしませんか?

保険会社の広告が出ている雑誌は、残念ながら広告主を批判する記事はなかなか書けないのが現実。
雑誌社にとっては大事なお客様なので、バイアスがかかっている可能性があると考えられないでしょうか。
全てがそうだとは言いません。
まっとうな記事を載せている雑誌がほとんどだと思います。
しかし、そういったバイアスのかかった記事が紛れ込んだとき、
専門知識を持っていない方にはその記事が正しいものかそうでないかの判断をするのは至難の業。

また、書籍は売れなければ出版社は困ってしまいます。
だから、目を引くタイトルをつけ、テーマを設定し、
そのテーマに即した考え方を持つライターをそろえたりする事があります。

保険の実務に携わる人間の中でも、例えば保険は積み立てがいいとか、掛捨てがいいとか、
意見が分かれる事が多いのです。
それを断定的に、こうだ!といい切れるシーンは本当はあまり多くないと考えています。

つまり、書籍はある人の考え方を中心に展開されるなど、偏りが出る事がしばしばあります。
世に広く販売されるものだから、きっと正しい。
そう思われる方は少なくないと思いますが、現実は、必ずしもそうとは言えない状況があります。

ここまで、一般的な認識と、保険業界での慣例であったりといったことから考えられる
代表的なギャップを取り上げてみました。

これはこれで、期待と結果のギャップの原因となりうるものです。
しかし、実はもっと重要なギャップの原因が、裏に潜んでいます。
そのことについて、次の章で見ていきたいと思います。


→次へ

【コラム】失敗しない医療保険選び7つのポイント

(1)失敗しない医療保険選び「はじめに」
(2)必要なときに保障がない?!
(3)保険のパンフレットは売り込みツール?
(4)医療保険・一般的な認識とのギャップ
(5)万人におすすめの医療保険はない
(6)失敗しない医療保険選びのポイント【1~6】
(7)失敗しない医療保険選び 最後のポイント

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。