<自転車>歩行者との事故に高額賠償判決…過失相殺認めず - 保険とリスクチャンネル - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 保険相談スタッフの雑学情報局 > <自転車>歩行者との事故に高額賠償判決…過失相殺認めず

保険とリスクチャンネル

<自転車>歩行者との事故に高額賠償判決…過失相殺認めず

2010年09月06日

こんな刺激的な新聞記事がありました。

<自転車>歩行者との事故に高額賠償判決…過失相殺認めず

簡単に要旨を説明しますと、自動車事故の場合には、双方の過失割合に応じて「過失相殺」という形をとります。
しかし、自転車が歩道を走行している場合は、その過失相殺という考え方をとらないというのです。

そもそも、今でもあまりご存じない方が多いのですが、自転車は原則車道を通るルールになっています。それを破って、原則禁止となっている歩道を走る自転車が歩行者と接触した場合、自転車は有無を言わせず100%悪い、という考え方。

そんな考え方を反映してか、近年自転車が起こした事故に対する賠償判決では非常に高額なものが多くみられるようです。

これ、背筋が寒くなるような話です。
大人でさえ、歩道走行禁止のルールの浸透度は低いのに、子供であればなおさらです。
そういったルールをきちんと学ぶ機会もあまりない状況ですから、事故が起こってから大慌てしても後の祭り。

この機会に、ご家族で自転車の交通ルールについてぜひ確認をいただきたいものですね。
まずは、事故防止。

そして、おこってしまってからの備えが必要です。
これ、今は非常に低廉な保険料で加入できる、「個人賠償責任保険(特約)」が使えます。すでに、契約されている火災保険や、自動車保険にセットされていないか、学校で加入している共済なんかにもついてないか、一度ご確認ください。
もしなければ、この特約、賠償限度額が1億で年間1,000円程度の保険料ですので、今すぐ検討いただけるいい保険だと思います。

ぜひ、早急に確認をされることをお勧めします。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。