原動機付自転車 - 保険とリスクチャンネル - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 保険相談スタッフの雑学情報局 > 原動機付自転車

保険とリスクチャンネル

原動機付自転車

2011年01月07日

先日は、電動自転車の話題でしたが、今日は原動機つつき自転車の話。
いわゆる原付ですね。

私が学生時代は、高校などでは原付の免許を取らないように指導されていたように記憶していますが、どんな感じなのでしょうか。

原付は、名称こそ「自転車」ですが、道路交通法上は軽車両。

保険に関しても、自転車に関する保険は「自転車(総合)保険」だったり、他人にけがをさせたりした場合は「個人賠償責任保険」などの範疇で、日常生活の中に組み込まれた形で保険が存在します。

しかし、原付に関しては全く別枠で、強制保険といわれる「自賠責保険」があり、任意保険については自動車保険の対象となります。
ただ、残念ながら原付の自賠責保険の付帯率、任意保険の付帯率は決して高くないようです。
四輪の自動車のように、車検があるわけではないのでついつい管理ができないことが多いようです。

また、高校生のお子さんなんかが乗られている場合、きちんと家庭で管理をしていないといざという時に無保険、ということで大変な事態になることもままあります。

良くうかがうのは、「原付だから、そうそう人をはねたり車にぶつけたりはしないでしょう」というお話。
しかし、相手が車ならちょっとこすっただけでも、修理代は5万円~10万円はかかりますし、ぶつけた車の車種によっては、最近は特殊な塗装だったり、カメラが付いているドアミラーだったり、バンパーも様々なセンサーが付いていたり、ということで以前は数万円で済んだ修理代が、数10万もかかる事がありますし、代車を請求されれば結構な賠償が必要となります。

相手が人であれば、たとえ原付といえど60km/hくらいは軽々出ますので、けがの大きさは想像できると思います。

そんなこともありますので、自動車保険、もしくは家庭にマイカーがある場合、その自動車保険にファミリーバイク特約などをつけることで対応できることがありますので、ぜひご検討ください。

備えあれば、憂いなし。
素敵な、ライダーライフをお過ごしください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。