専業主婦の生命保険 - 保険とリスクチャンネル - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 保険相談スタッフの雑学情報局 > 専業主婦の生命保険

保険とリスクチャンネル

専業主婦の生命保険

2011年02月11日

時折相談を受けるのが、専業主婦の生命保険について。

入院保障に関しては、多くの場合重要ですね、って話になることが多いです。
特にお子さんが小さい間は、入院中のお子さんをだれがどんな形で面倒をみるのか?ということを想定しなければならないので、各家庭によって事情は違うと思いますが、医療費以外にも費用がかさむことが多いようです(経験談・・・笑)

では、死亡保障はどうか?という話。
一般的には、「とりあえず、葬儀費用程度あれば」なんて話に落ち着くことが多いのですが、あるお客様が激しく主張されていたのは、
「絶対に、奥様向けの保険を勧めてあげてください!」
とのこと。

このお客様、若いころに奥様をなくされ、男手ひとつで二人のお子様を育ててこられました。
その方いわく、奥様がいなくなったことで、仕事は制限され(このお客様は結局独立されて自分の時間の自由を優先されました)るし、経済的、肉体的、精神的負担は計り知れないとのこと。

確かに、奥様が家庭を守り、お子様を守ってくれるから、外で思う存分仕事ができるという一面はありそうです。
これも、家庭により事情は異なるでしょうが、制限された環境(まぁ、単身赴任などはあり得なくなりますね)の中で、収入が減少する可能性などを考えると、死亡保障はあったほうがいいに違いありません。

我々の世界では、専業主婦の経済的な損失をホームヘルパー費用などで換算することが多いのですが、それ以上にリアリティのある話に思えます。

結論としては、奥様に万一のことがあっても、今まで通りの収入が得られるという状況を想定できるのであれば、奥様の保障は限定的でもいいかもしれませんが、そうでなければやはり保障はあったほうがいいというのが私の考え方です。

あとは、支出のバランスの中で優先順位を考えていく必要がありそうですね。

とはいえ、家族みんな健康が一番。
特に専業主婦の場合、意識して機会を作らなければ健康診断を受けられないことも多いので、定期的な検診をお勧めします。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。