▽時の話題「家庭でできる!食中毒予防6つのポイント」 - 保険とリスクチャンネル - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 保険相談スタッフの雑学情報局 > ▽時の話題「家庭でできる!食中毒予防6つのポイント」

保険とリスクチャンネル

▽時の話題「家庭でできる!食中毒予防6つのポイント」

2011年06月11日

ご家庭の食事でも発生する危険性がある食中毒。今回は厚生労働省から
発信されている、「家庭でできる食中毒予防のポイント」の中から、うっかり
してしまいそうなポイントを抜粋してお届けします。

詳しい内容は、下記厚生労働省ホームページをご覧ください。
「食品安全情報:家庭でできる食中毒予防のポイント」
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/0903/h0331-1.html

 

●食中毒予防の三原則

食中毒予防の三原則は、食中毒菌を「付けない、増やさない、除く」です。
 

●上記三原則を踏まえた「家庭でできる!食中毒予防6つのポイント」

ポイント1 : 食品の購入
・消費期限の表示がある食品は、期限を確認して購入する。
・温度管理が必要な生鮮食品などは、買い物の最後にする。
・肉や魚は水分が漏れないようにビニール袋などに分け入れる。
・買い物が済んだら、立ち寄りせずにまっすぐ家に持ち帰る。

ポイント2 : 家庭での保存
・冷蔵・冷凍が必要な食品は、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫・冷凍庫に入れる。
・冷蔵庫は10度C以下、冷凍庫は-15度C以下に維持する。
・冷蔵庫の中は詰めすぎない。

ポイント3 : 下準備
・肉・魚・卵を触る前後には、必ず流水で手を洗う。
・生の肉や魚を切った包丁やまな板は、洗って熱湯をかけてから次の食品を
調理する。
・凍結している食品は、使う分だけ冷蔵庫の中や電子レンジで解凍する。
※室温で解凍したり、冷凍と解凍を繰り返すと、食中毒菌が増える原因に!

ポイント4 : 調理
・加熱が必要な食品は、中心部の温度が75度Cで1分以上を目安に加熱する。
・調理を途中で中断する時は、食品を冷蔵庫に入れる。
・電子レンジを使う時は、電子レンジ用の容器、ふたを使用する。熱の伝わり
にくいものは、時々かき混ぜる。

ポイント5 : 食事
・調理前後の食品は、室温に長く放置しない。
※大腸菌O157は、室温に15~20分放置すると2倍に増えてしまう。

ポイント6 : 残った食品
・温かい食品は、早く冷えるように浅い容器に小分けして、冷えたら冷蔵庫で
保存する。
・時間が経ち過ぎたら、思い切って捨てる。

【ご注意】 この情報は2011.5.25時点の情報です。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。