損保協会:不正請求の情報をDB化 支払い審査厳格化狙い ほか - 保険相談スタッフの雑学情報局 - 保険相談 見直し.jp – 大阪 北摂エリア(豊中、吹田、茨木、高槻)・大阪市内全域

HOME > 保険相談スタッフの雑学情報局 > 損保協会:不正請求の情報をDB化 支払い審査厳格化狙い ほか

耳寄りニュース情報便

損保協会:不正請求の情報をDB化 支払い審査厳格化狙い ほか

2013年11月12日


損保協会:不正請求の情報をDB化 支払い審査厳格化狙い(毎日.jp)

損害保険会社各社の主力商品となる自動車保険は、収支がかなり厳しいようです。
そこに悪影響を与えているものの一つとして、不正請求があります。
少し過激な言い方をすると、保険金詐欺ともいえるでしょう。

こういった不正に対して、保険会社は綿密な調査を行いたい半面、
顧客サービスの観点からすれば、保険金の支払いは出来るだけ早く行いたい。

そんなジレンマを抱えている保険会社ですが、過去の保険金の不正請求をデータベース化し、
損害保険協会加盟保険会社のみならず、外資系保険会社や共済協同組合など、業界をあげて不正請求を防止する取り組みを始めているようです。

こういった悪事が原因で、皆さんの保険料(掛金)が高くなるとしたらとんでもない話です。
仕組みを上手く作って頂き、迅速な保険金支払いかつ、不正排除の実現を願います。


「自分が要介護」に9割が不安=4割は備えなし-日本生命調査(時事通信)

9割もの人が、自分の将来の介護に不安を持っているという調査結果。
そのうち4割は備えがない、とのことで今の情勢を如実に物語っている調査結果ではないかと思います。

一般の家庭において、
自分の生命保険(死亡保障)、
医療保険、
将来の年金、
そして家族の保障
という事を備えると、それ以外の対策というのはなかなか手に負えない部分があるのではないかとも思います。

本当は、介護への備えは、長期化する可能性もあるため、かなりの金額の備えが必要と考えられます。
そういった事に対する備えがない、という事は大きな問題ではあるものの、そこに対策をとるだけの余裕がない、
という事が現実ではないかと思います。

現在は、死亡保障と介護保障を兼ねる事ができる保険も販売されています。

形はどうあれ、何らかの対策を検討したいところですね。

このコーナーでは、最近のニュースやブログ、WEBサイトなどを情報源とし、皆様の生活・会社経営に関わる情報をお届けする事を目的としており、保険募集の為の情報提供ではございません。
リンク先に関しましては、一定期間後削除される可能性もありますので、予めご了承ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

PAGE TOP

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 田村 薫

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら サンクリエイト株式会社

営業時間/月~金曜 8:45~17:30

TEL:06-4865-7600/FAX:06-4865-7611

〒560-0021
大阪府豊中市本町3-7-78

公共交通機関をご利用の場合

阪急電鉄 宝塚線豊中駅より徒歩7分

お車をご利用の場合

国道176号線、豊中本町交差点を右折。500mほど走ると、左手に当社が見えます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

東京海上日動 最優績代理店(1996年、1998年認定)

東京海上日動 クロスセル優績代理店(2008年認定)

東京海上日動あんしん生命 最優績代理店(1996年、1998~2000年、2002年、2004~2005年)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。